WIND AHEAD

風を追いかけ、水平線の向こうへ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

リクエストにお応えして

ルール・ブリタニアをモチーフにしたもので有名なのはベートーヴェンの「ウェリントンの勝利」です。

ルール・ブリタニアとマールボロマーチが対比されて出てきます。
カラヤン指揮のBPOでどうぞ



って結構退屈なんだよねこの曲w
初演されたときは同時に演奏された交響曲第7番よりも好評だったらしいけど。
ってことでお口直しに、ベト7を。
これはあれですね、千秋せんぱぁ~いってやつですね。
カルロス・クライバー指揮のVPOでどうぞ


本当はフルトヴェングラーのとかクライバーのライブとか紹介したいけど、ちょっとテーマ違うしねw
ベト7だけで記事を6つくらい書ける自信はあるwww



ナポレオンに関係する曲は結構あって、ベートーヴェンなら交響曲第3番が有名ですね。
ナポレオンを自由主義の代弁者、英雄として讃えるつもりが、皇帝になってしまって「このksg!!!」って筆をおったってことが有名ですね。
実はベートーヴェンはナポレオン派の工作員で、このエピソードはフィクションだって説もあったりねw

工作員の音楽家といえばモーツァルトもフリーメイソンとの関係を指摘されますねー
っと話が脱線w


ってことでナポレオンに関する曲として

ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」
カラヤン指揮のBPO 1982ライブは名演!アンチカラヤンも認めざるをえないっ


チャイコフスキー 大序曲「1812年」
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮のシカゴ交響楽団 演奏の後半部分しかなかった><


ピアノの小品では「ワーテルローの戦い」ってのがあるんだけどYouTubeでしか見つからなかった><
これは初級者向けの作品なので、ピアノ教室の発表会とかで使われますね。
興味があったらどうぞ



あとルール・ブリタニアだけであったからおいておくよー 
08年のプロムスのやつです。

音質、画質は前日のやつのほうがいいね。
スポンサーサイト

| 雑記 | 04:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今会社なのだ!
少し音出して聞こう思ったら、社員帰ってきて断念。
1曲目が気になる。

1812は、あたしもブログに貼ったことアルよ。
乙女な女子高生時代(が、一応あった)
吹奏楽部だったあたしは、こういう起承転結わかりやすい最後どっひゃあああああな曲が大好物でしたw

| ぷらら | 2011/07/30 12:32 | URL |

自衛隊のやつだよね。
あれも迫力あるよねー

(清純な男子高校生時代)ブラスしてた私も、アルメニアンダンスとかシバの女王ベルキスとか聞くと脳汁がっっっ

| Val | 2011/07/30 15:17 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://valdol.blog.fc2.com/tb.php/18-44eb8120

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。